ぷかりぼびんぐのDisco(mmunication)club

腐海を彷徨う海月が書きたいことを書きます。

博多・天神落語まつりに行ったの巻

こんにちは。

私は現在福岡におります…多分、すぐに離れるとは思っていますが。

 

んで、落語の事を思う日々は続いていても、実際に見ることからは遠ざかっていました。

人寄り場所から離れていたかったんですね。どうも耐えられそうじゃなくて。

でもでも、この時期。やっぱり気になるあのイベント。

博多・天神落語まつり。

どうでもいいことですが、私は東京にある「博多天神」という拉麺店は好きではありません…

前日に調べてみたら、満員御礼の公演も幾つかありましたが、当日券が出るものもありました。例えば下記とか。

 このイベントは、同時刻に4箇所で同時に公演するものなので、まぁテレビでよく取り上げられている方が出ている場所がチケットがはけやすいんだろうなぁとは思うけれどもしかし、

なんでなんで、こんな面白い方々の公演が完売してないんだ!

と、義憤にかられるような想い(イミワカラン)で、文化の日(大阪では文華の日)、

家族がバルウォークに繰り出す中、私は当日券を買いに行ったのでした。

 

JR九州ホールは500席前後くらいじゃないかな。

当日券を買う際に直前でキャンセルが出たらしく、キャンセルされた分の席をそのままシフトして頂けたようで、真ん中の通路に沿った見やすい席でした。

 出演順だけパンフレットに記載されていたので、

今回のトリが大好きな喬太郎さんである事を知れて開演前から心が躍りました。

「うぉっしゃあああ!」って声を殺して言いました。

 

遊雀さんの「初天神」。なかなか初天神に行かないし団子やにも入らないww初めて聞くタイプの「初天神」でしたが、私は「熊の皮」で遊雀さんの間の面白さにハマっていたので、にたにたしながら聞いていました。遊雀さんはもっと深い出番で一度聞いてみたいです。

 

菊丸さん「ふぐ鍋」。初見の方でしたが勿論私が無知なだけ。

大阪にいた頃、繁昌亭で見てたらもっと早くファンになれたと思いました。

なんか、丁度良かったんですよね。さわやかというか。

 

塩鯛さん「試し酒」。今回私にとって、塩鯛さんがホームラン打ってくれました。

明けの鐘 ごんと鳴るころ 三日月形の 櫛が落ちてる 四畳半

他都々逸だけであんなにもウケる「試し酒」に驚きました。

勿論、それが出来たのは都々逸にさしかかるまでに見せてきた技量が凄かったから。

あの場所にいた方皆をファンにしていったのではないかと思う…

 

一之輔さん「お見立て」。「私と塩鯛師匠を同じ中堅として顔付けしちゃ駄目でしょ…というか私中堅じゃないし。若手ですよ!?もう自分を中堅とかいうとね…痒いんですよ…」って仰ってました。

ネタの内容に思う所があって感想が書けません。面白かったんですけどね。

 

雀々さん「八五郎坊主」。「ここが笑いどころですよ!」とアピールしなくても、充分雀々さんは面白いと私は思っています。でもそれが雀々さんなのでしょうね。

庫裏を開ける所は枝雀さんの「ガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラ」をされてました。

 

喬太郎さん「抜けガヴァドン」。古典が続いていましたので、喬太郎さんも今日は古典をされるのかなと思いましたが、着物がウルトラマン柄だったので「あ…やるんだ…」と思いました。ウルトラの新作を。

羽織を脱ぐその時にウルトラマン柄であることが分かったお客様も多かったみたいで、羽織を脱いだ瞬間に、どよめきと爆笑が起こっているのを眺めるのが面白かったです。

喬太郎さんは今回せき込んでいなかったし、顔色も良かった(着物のせいかもしれないけど)ので、いつものように「働き過ぎじゃね…?」と心配になることもなく。

喬太郎さんが楽しそうにされているのを「狂気www」とだけ思いながら見ることが出来ていい時間でした。

でもね、私はあの宿屋の亭主のカワイソウな感じを見たいので、「竹の水仙」にもまたお目にかかりたい。喬太郎さんの同題も、私は好きです。

 

5400円というチケット代は落語の催しとしては高いとは思いますが、

東へと足を運ぶ交通費を考えると、安かったなぁ、と思います。

複数回見るのは厳しいけど^^;

 

まだ女性の方が顔付けされたことがないようですね。

博多天神落語まつりに桂あやめさんが顔付けされるようになったらいいな。

あやめさんが来るなら染雀さんも来ていただいて姉様キングスして欲しいな。

 

そんな感じです。

よき時間でした。